スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
いろいろ旅の気付きメモ
立て続けに海外出張に行ってきました。 
一つはミュンヘンでのiF受賞セレモニーに始まり、
ベルリン、アムステルダム、ブリュッセルをぐるっと、
帰国してその翌日にまた出発して、
今度はアメリカ西海岸のシリコンバレーとアリゾナ。

旅をしながら、いろんな人に会い、そして物事にふれると、
やっぱりそれなりに気付きがあって
、、、っていうか、例えばミラノサローネとかだと、
それは今後自分が挑戦すべきデザインアプローチだったり、
新しいデザインの概念だったり。

でも、今回はなんかうまく言えないのだけど、デザインの云々というよりは、
もっと大きくて、抽象的で、でも本質的な気付きが多かったように思う。

ということで忘れないようにメモ。


1、マルチリンガルのポテンシャル

ブリュッセル在住でEUに勤めている友人がいて、彼のオフィスを訪ねた。
彼が電話を取るたびに言語が違って、
さっきはフランス語、その次はドイツ語、僕と話しする時は英語、、、といった具合。
当たり前だが、政治、経済、法律、技術、思想などなど、
いろんな事について話をするから、もちろん言葉もそのレベル。

言語は、それを使う文化圏の人々の価値観が溶けたものだから、
他言語を操れるというのは、それだけの価値観にアクセス出来る術を持っているという事。
その下地をもって、例えば、デザイン向き合う事が出来る人間のポテンシャルって、
よくよく考えてみれば、冷や汗がでるほど凄い。

意思疎通手段というよりは、自分のクリエイティブのアンテナとして
少なくとも英語くらいはもうちょっと体得しなきゃなぁ〜と思った。


2、意思がにじみ出ているカタチ

ベルリンでバウハウスアーカイブ美術館を見に行った時の事。

半球のカタチをしたポットみたいな作品があって、
恐らくは金床とハンマーで板金をこつこつやりながら作ったものなんだけど、
むろん完全な半球ではなくて、ところどころ、かすかに歪んでいて、
でもそれは、あまりにも力強い「球のオーラ」みたいなものを放ってた。

つまり定量的に正確な「球」であることが大切なのではなくて、
造形意思をもって時を重ねた作者の営みが、モノを通してにじみ出ている事が
実は大切なわけで、、、要するにそれがモノの四次元的な価値なのだと。

正確に3Dトレースできればいいって事ではないのだ。

数の大小を問わず、「これをモノとして世に生み出す価値とは一体何なの?」って考えた時、
実は、それってモノづくりのあり方を判断する際にかなり本質的な要素だし、
単に「手仕事の良さ」なんてありきたりな表現で片付けたくないなぁ〜と思ったのだ。


3、分析で未来は見えない

物事を理解するには、
三人称的に分析するんじゃなくて、一人称的に、つまり自分でやってみることだ。

分析は「これまでどうだったか」は整理出来ても、
「これからどうなるか」は見通せない。
しかも、分析する人は、沢山いるのだ。

そんなあれこれ自分でやっている時間はないというのなら、
僕たちが分析ごっこでどれくらい時間を無駄に費やしているかを考えてみればいいのだ。


4、オープンソースって、意外と堅実。

アリゾナでオープンソースで車作りをやっているローカルモータースという企業を訪ねた。
クリスアンダーソンのMAKERSや、オバマ大統領のスピーチで紹介されたりして、
今何かと注目を集めているところだ。

工場の隅々まで案内してくれて、今取り組んでいるプロジェクトのあれこれも
信じられないくらいオープンに、そして丁寧に説明してもらった。
写真もビデオの撮影も全然ウェルカムで、
「SNS使いたかったら、wifiのIDとPASSはあそこのボードに書いてるから〜♪」くらいの勢いだった。
オープンなのは、彼らの戦略なのだ。

説明してくれたダミアンがしきりに
"DEMAND DRIVEN"そして"PASSION DRIVEN”といっていた。
「みんなが夢中になれるものをつくるんだ!」って。

従来のマス製造業は、開発情報を極秘にし、
市場予測をして、需要ボリュームを推定し、何重も社内コンセンサスを得て予算を獲得し、
そのために結構な時間を費やして、実は時代の空気が変わってるかもしれない事に目をつぶり、
やっとのことでドーンとつくって見て、さて売れるか売れないか
、、、みたいな、実にバクチな事をやっていたわけで、

オープンにし、皆の関心と意見を集め、コミュニティーを形成し、
世界中の知の余剰を集め、そうする事でプロダクトへの参加意識も強化され、
地に脚がついた需要のもとに、オンタイムに必要な数だけ作る、、、、ってこれ、
考えてみればかなり堅実な考え方だなぁと。
(もちろん、この方法でやってうまくいくものと、そうでないものもあるのだろうけど。)

僕のまわりにも、それぞれの分野で凄いスキルを持った友人って結構いて、
またそういう人はオンラインでもオフラインでも情報交換できるネットワークを持っていて、
そういうのをお互いに活用すると、ほぼ何でも作れちゃうんじゃないかと思う事がある。
これから是非実践してみたい。


もくぼ
| ripple-effect | - | - | - | pookmark |
2013ミラノサローネ 所感まとめ
 大きく印象に残った点を2つほど、、、。

===================
1、「銅!銅!銅〜!」

今年は「国際銅協会??」かなんかが世界的大プロモーションを打ったじゃないかって思うくらい、
「銅」それもプレーンな(表面をコーティングしていない)「銅」の存在が目立ちました。
メーカーの展示、個人の展示ともにです。

表面を意図的にエイジングさせ「青錆」だらけになったのを鏡面仕上と並べて、
テキスチャのコントラストをテーマにしてみたりとか。

綺麗な青錆レシピ?

まぁとにかく「銅」フィーバーが印象的だったのですが、
もうちょっとマクロに言えば、
以前よりもテキスチャーコンシャスになっているように思いました。

推測としては、その理由が2つほどあって、

一つは去年に続き、今年もヨーロッパ景気の低迷を映してか、
新モデル発表!よりは従来モデルのテキスチャーを変えたものなどが多く見られため、
おのずとそこが主題になると言うフツーな理由。

もう一つは、素材が自然現象や時間とともに変化していくのを
以前より積極的に受け入れよう、、、みたいなマインドかなぁ〜と。
プレーン、要するに表面保護していないという事は、
時間と共に酸化してきたり、それでも普段触っている所はピカピカだったり、
何かの薬品とかけて自然変化させることでユニークな模様が出来たり、
、、、それは以前から全然ありの価値観ではあるのですが、
これからはもう一歩踏み込んで、人口素材でも自然経年変化や
そのアルゴリズムを織り込むような動き(プログラマブル素材みたいなもの)が
今後出てくるのではないかと思ってます。

あ、ちなみにテキスチャー、、、というか着地を貼り変えたもので
僕的に一番ヒットだったのが、この椅子!


Artfort(メーカー名)のこの形は確か去年も見た様に思うのですが、
MissoniHomeのテキスタイルが超素敵!!
この椅子座り心地も抜群で、めちゃくちゃ欲しいです。


===================
2、「3D Mash-up」

書籍「メーカーズ」以降、何かと話題に上がる「3Dプリンター」。
「これを利用して照明のシェードを作りました!」みたいなのは、
随分まえからあったと思うのですが、今回はもう一歩踏み込んだ概念に出会いました。

それが「3D Mash-Up」

要は音楽のリミックスのように、
過去の著名なデザインや作品のデザインを3D化し、
それらを「Mash-Up」つまり掛け合わせて、
例えば下のような照明とか作れるよね、、、と言うような事です。

多分リチャードハッテンのカップと、
LUIGI DE PONTI'Sのエスプレッソメーカーのフォルムをマッシュアップした照明。

これはイームズとリートフェルトと、、、w

この展示が「3D Mash-Up」の可能性を示唆したものか、
一歩踏み込んで、それを支持するものかまでは読み取れなかったのですが(多分後者)
そのうちThingieVerseエディターみたいなのが一般的に普及したら、
「デザイナーとか要らんやん!」てな話にも一部なり得るよね、、と。
(十分あると思います)

ではその予兆みたいなものを前にして、自分がデザイナーとして、
こういう時代に何を持って勝負すべきなのかを考えさせられる機会になりました。

僕がこうやって、サローネに来ている目的の一つも、
自分のアンテナが引っ掛けた色んなデザインや価値観を自らの引き出しにインプットするためです。
無から生み出す事は出来ない以上、僕がデザインするものも、
意識するしないにかかわらず、それらインプットを「脳内Mash-Up」した結果なわけで。
だからそのフォルムを数値化してMash-Upする行為がいけない事か?と問われたら、
それって方法論が違うだけのような気もします。
一度データ化されたものを客観視してうまく掛け合わすのも、
デザイン能力の一つとも言えると思いますし。

、、、で、自分なりの結論としては、
デザイナーの勝負スキルは、結局それぞれが持つ主観なのかな、、という
かなりフツーなところに落ち着いたのです。

さきほど「自分のアンテナが引っ掛けた」と書きましたが、
このアンテナさえも自分なりの経験・刺激から形作ったものですから、
決して綺麗な凹面鏡とかにはなってないわけです。

えらくピンポイントな所に必要以上に感動したり、
勝手に解釈して「ナルホドっ〜」って納得したり、
逆に大事な所が全く見えていなかったり。

で、その不平等で、偏光がかかっていて、たまにブラインドスポットのある
ある意味間違えだらけがインプットがインスピレーションになって、
それぞれのデザイナーの次なるクリエーションに繫がるんだろうなぁ〜と。

というわけで、自分もその「かなり歪んだアンテナ」を武器に、
これからもクリエイターの端くれとして精進したいものです。


===================

、、、と、乱暴に二点に絞りましたが、
今回も自分にとっては得るものの多いサローネ出張となりました。

また同時に、最近自分のアウトプットが最近随分「コト系」に偏っていて、
自分が大切と思っているわりには、
モノへのアウトプットを酷く怠っているなぁ〜と反省する機会にもなって、
長らく留守をして周りにご迷惑かけた甲斐はあったなぁ〜と思っております^^;

(あ、でも、ごめんなさいm(_ _)m > 皆々さま)


---もくぼ


| mokubo | - | - | - | pookmark |
圧巻・Vinitaly
とにかくイタリア人がどれだけワインを愛しているかをヒシヒシと感じた一日。。。

エマ&カミラのお誘いで、ミラノとベネチアの中間あたりにある
ベローナという街でもひらかれるイタリアワインの見本市に行ってきました。
http://www.vinitaly.com/

ベローナ


本当は50ユーロもするチケットだけど、
ジャーナリストのエマのおかげでフリーチケットをゲット! ラッキー!!
っていうか、エマ、ホントありがと。


僕が最初に想像してたのは、なんかでっかい野外ピクニックみたいな感じで、
各ワインメーカーのテントにテクテク歩いて行ったら、
紙コップでワインを試飲させてくれるようなホノボノとした雰囲気かなぁ
、、、というところだったのですが、
会場に脚を踏み入れた瞬間、その想像は大ハズレだった事に気付かされます。


どど〜ん!!    「、、、ピ、ピクニック、、、ではないねぇ^^;」


RonagnaとかSiciliaとか、建物に書いてあるのが見えますが、
こんな風に地域ごとに違う建物に分かれています。


これが会場全体の地図。んでこのうちの一つに入ると、、、


こ〜んな感じで、その地域のワインプロデューサーがずら〜っと。
全部まわるとか、絶対ムリです。


ブースはこんな感じ。紙コップとか思ってた自分をお許しくださいm(_ _)m


「これを試飲したい」というと、
リーデルのグラスとかに2センチほどチョロっと入れてくれます。
周りの人に見習って、クルクルとグラスを回し、香りを確かめる。

「!!!!!!!!!!!」
もう、、、何と言うか、夢のようないい匂い。
一日クンクンしてたって飽きません。

口に含んでみると、、、、、、、、、駄目だ、言葉が見つかりません。。。^^;
こういうのを形容するためにソムリエの存在があるんですね、きっと。


カウンターの上にシルバーの筒のようなものがありますが、
ここに飲み残したワインを捨てます。
「こんな美味しいワイン捨てちゃうの?」って、超罪意識にかられるのですが、
こうしないと、一時間もしないうちに酔っぱらって、会場を回れなくなるのです。
で、次のワインを注いでくれる、、、と。


だいたい一つのブースで2〜3種くらいを試飲します、、が、
そもそも日常で、複数のワインの香りや味わいを吟味する機会なんか無いわけで、
それは大抵のイタリア人にとっても一緒で、だからこのイベントは超大人気なのです。

こんな、超贅沢な環境でいろんなワインを飲んで見ると、
香り、甘み、渋み、酸味、果汁感、ミネラル感、、、、等々が掛け合わさって、
ほんと無限の宇宙が広がっている事に気付かされます。
僕のワインに対する認識も、百倍くらいの広がった気分です。

イタリアだけでも、これだもんね。
いやぁ〜、凄いわ。


あと、もう一つ印象的だったのが、
ワイナリーの人、それからお客さんの笑顔、笑顔、笑顔。


いやぁ〜、美味しいものが産む笑顔って最高ですね。
イタリア語で何を話をしているのかは、さ〜ぱりわかんないわけですが、
この場に空気を味わえただけで十分幸せでした。

僕たちデザイナーが産み出すものもこうでなくてはね。。。


取材?中のエマと、その様子を撮るカミラ。
左は僕をミラノから会場まで案内してくれてダビデ。

まぁ、、とにかく半端ないグラスの量。
グラスは割れるからプラスチック、、、、とかには絶対しないんだろなぁ。


で、、、僕が一番好きだったのが、、、、FEUDI DI SAN GREGORIOのBRUT。
ワインってか、スプマンテなんだけどね^^


---もくぼ
















| mokubo | - | - | - | pookmark |
再びミラノへ
今、ミラノにいます。
今年もサローネを見に来ています。

エマ&カミラの家に泊まるのも二度目。
彼らとはAirbnbを通して知り合いました。

世界を飛び回るジャーナリストで話題豊富なエマ、
美味しいパスタをふるまってくれるカミラ、
デスクもwifiもプリンタもあって仕事環境には全く困らないし、
ミラノの中心地にもその気になれば歩いて行ける距離だし、
近くに便利なスーパーはあるし、、、と、まぁ居心地いいわけです^^


特にリプルが出展をしているわけでも、商談があるわけでもないのに、
何でまた二度もサローネに来ているかというと、
現在のデザイントレンドがわかるから、、、というよりかは、
むしろ世界中からここに集まるモノをヒトを見て、
自分がやるべき事を考える大切な時間になるからだと思ってます。

フリーにしてもインハウスにしても「デザイナー」担う仕事内容って、
これから結構な勢いで変化していくように感じます。

アイデアは(プロアマ問わず)個人やその集まりから生み出され、
その実行と最適化を企業が担う、、、そんな感じで世の中がシフトしている今、
普段の仕事から少し離れ、「自分の役割はきっとここだな」って目星がついた事は
去年僕にとって大きな収穫だったわけです。

、、、という事で、今年もいろいろ感じれるといいなぁ^^


あと、、、サローネが始まる前に、
ミラノから電車で90分くらいのベローナという街で、ワイン見本市があり
ホストのエマ&カミラのお誘いで行く事になりました。

ワインとか、恥ずかしいくらい知識のない僕ですが、
いろいろ飲み比べしてみたいなと思います。


---もくぼ


| mokubo | - | - | - | pookmark |
リプルに巨大な箱がやってきました
JUGEMテーマ:日記・一般JUGEMテーマ:アート・デザイン

<English translation below↓↓↓>

ドド〜〜〜〜〜んっ!!

待望の切削RPマシン、ローランドくん(MDX-540SA)です。

入口付近に超我がもの顔で居座っておられます。
この風景に違和感がなくなるのは、さすがに暫くかかりそう。

いや〜、最初はさすがにここまで大袈裟な機械を買うつもりはなかったんです。
辛うじてデスクトップくらいのタイプもあって、
それは金属切削は無理なんだけど、駆動部を改造すれば「無理でもなくなる」らしく、
まぁ〜手に入れるにしても、現実的にはそんな所かな〜って思ってました。

ところが相方が中古でいいのを見つけてくれて、
それも本体だけじゃなく、カバーから自動ツーリング交換ユニットまで
ついてるという申し分のない内容で、、、、勢いで買っちゃいました。
まだ、動かしてないから分からない事だらけですが、超オトクな買い物だったと思います。

これ以上ない制作環境を手にいれたもんですから、
当然「これを使って◯◯作ろう」と企んでることは一杯あるわけなんですが、
ま〜、まずはちゃんと動かし方覚えなきゃね〜^^

---もくぼ

===========================

A giant "BOX" has come to our office

a numerical control rapid prototyping machine.

And it sits right besides the entrance, dominating a lot of space there.
It will take me a while to get use to this view.

Well, we weren't actually planning to get a RP machine of this big ... at the beginning.
Roland has a much smaller and inexpensive model that comes in desktop size
and it CAN BE capable of carving metal parts with some modification
... so we'd thought that would be our realistic choice.

But then, thanks to my associate, he found a used MDX-540SA, with almost full accessories like the exclusive covers and auto tool-changer system, and also the price was incredibly reasonable.
And so, what the hell, we had to get it.

Although we haven't operated it yet, I think we've made a very good purchase.

Now we got something which we couldn't ask for more,
there's a LOT of things I have in my mind,
but first we must learn how to operate ... before having fun with it.

---Junya Mokubo


| mokubo | プロダクトデザイン | - | - | pookmark |
あけましておめでとうございます

年明け早々の、

たなくじ(、、って知ってます?テレビの画面をカメラで撮る、アレです)では、

僕が「金運ほくほく吉」、ヨメが「日々小吉」。


う〜ん、なかなか順調な滑り出しです^^

もっとも、良くも悪くも、占いの類いは当たった試しはないんですが。


でも最近、今までやって来た色んな事に、繋がりが見えてきたように感じます。

ジョブズさんのいう "connecting the dots" ってやつでしょうか。


それぞれのdotsってのは、

大抵は、周りの人間関係だったり、自分でも忘れかけていた過去の経験だったり。


僕の父親が

「チャンスはどこか遠いところから急に舞い込んでくるものだと思いがちだけど、

実は身近すぎて忘れてしまいそうなぐらいの所にあるもんや」と語る意味を

今やっとリアルに感じれる時期になったのかも知れません。


ともあれ、この一年を大切に過ごしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。



---もくぼ


| mokubo | - | - | - | pookmark |
嫁ゲート
こないだ試作した包丁を嫁に使ってもらってる。

知り合いのデザイナー達もだいたい同じ事を言うけど、
嫁のコメントほど怖く、かつ正確なものはない。

「これ、いいやん」って言われると、
まぁ、間違いなくいい結果が出る。

逆に何かを指摘されて、こちらが説明モードに入った時は、
「はい、やりなおし」と宣告されている。

名付けて、「嫁ゲート」

かれこれ十数年、
もう身に染みて、よ〜く分かっているので、
せっせと言われた事を、素直にメモるのであった。


---もくぼ
| mokubo | - | - | - | pookmark |
久しぶりに
最近、デスクワークにパソコンワークが多くて、
手作業がめっきり遠のいてる。
でも今日は久しぶりに、学生時代の鉋を取り出して木工作業。
今包丁のデザインをしていて、その柄を作っていた。

削っては握って感触を確かめ、んでまた削って、
そのうち、「え〜ぃ、やり直しだぁ!」、、、とまぁ、この繰り返し。
一日掛かって、しっくりとくるスケール感にたどり着けたと思う。

明日はこれに刃をつけて、使い心地を確かめる。
派手でなくても、見るからにユニークでなくてもいいから、
超日常にフィットする包丁を作ってみたい。


---もくぼ


==========================

"it"s been a whole..."

Lately, I am spending much more time on desk working in front of PC,
and much less time on hand-working.
But today, I took my old hand planer out after a long time since my school days
to make a grip of a knife I am working on.

Shaving some off, grab and feel it and shave it again,
and then after a whole I start all over again … and on and on like that.
After spending a whole day, I think I have reached to the right scale and volume.

Tomorrow, I am going to attach a blade to it and test it.
It doesn't have to be fancy or unique looking this time,
but I just want it to be super practical in a daily life.


---Junya Mokubo


| mokubo | プロダクトデザイン | - | - | pookmark |
2010年は、、、
いや〜ぁ、いろいろ経験した
非常に刺激的な年でした。

来る日も来る日も真鍮の粉まみれになりながらハサミを作り続けたり、
リプルにとっては初めてとなる海外の展示会に出展したり、
あるプロジェクトチームの一員として新事業の企画に参加したり。。。

公私共に書ききれないほど、
いろんな事がありました。

一杯、いろんな人と出会いました。

「この人の、こんな所を吸収したい!」
って思える人が、今、周りに沢山にいます。
これって、凄く恵まれている事だと感じます。

「自分は、こんな風に役に立てるかも?」
って、ヒントを掴めた年でもありました。

でも、本当に役に立てるには、
これからの自分の頑張り次第です。

来年が楽しみです。


---もくぼ


==========================

"Year 2010 was..."

There have been quite a lot of stimulating experiences in this year.

Making scissors models out of brass plates day after day,
exhibiting in a foreign show which was the first for our company,
joining as a member of major new business project…

Too many things to list them all out in here,
both officially and privately.

And I've met a lot of people, too.

Now I am surround by people
whom I think I can learn from,
which is quite a privilege.

I also got hints of
how I may be able to function in new ways.

I see chances and possibilities there,
so it's up to me to grab them.

2011 is going to be a good year.


---Junya Mokubo
| mokubo | - | - | - | pookmark |
ここ最近
ずぅ〜と、ブログさぼっていますが、
実は、結構いろいろ書くネタには全然困らないぐらい、
濃い〜時間を過ごしております。

今日なんかは、
ひょんな事からゴルフに行くことになって(あと2週間後、ヤバイす!)
超ウルトラ初心者な僕は、
会社の相方と友人のダブルコーチで急遽特訓してもらったり。


でもね、言い訳になるんだけど、
ここ一ヶ月半ほど、ほとんど会社にいないのです。
家にもいない。

ずっと外で会議。

故に落ち着いてパソコンに向える時間が、ほぼゼロ。

もうちょい落ち着いたら、
ぼちぼち書きますね。


あ、そうそう、12月に香港の展示会に出ます。
でも準備、全く出来てないよ〜ん。
あ〜、ど〜しよ〜。

。。。。。


頑張るっす。


---もくぼ

==========================

"Lately"

I've been skipping this blog for quite a while,
but actually, a lot of things are happening to me.
Yes, it's been quite INTENSED days.

For one, it turned out that I am going to be playing golf for a sudden reason
and since I am super-dooper beginner, I asked my friends to coach me, today.
(only 2 weeks left for practicing)

I know this is just an excuse,
but I am rarely at my office for the past one and a half month.
Neither at home.
I spend most of my time at meetings for a big project.

Thus, there are almost no time sitting in front of PC,
getting relaxed and writing ... like now.

Well, I will get along somehow.

And yes, we are go to exhibite at a show held in Hong-Kong at the bigining of Dec.
And we are not prepared AT ALL...

Wish us luck.


---Junya Mokubo


Check
| mokubo | - | - | - | pookmark |